S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

藤井あかし

Author:藤井あかし
藤井あかしの個人BLOGです。
BLやいわゆる腐女子系の話題が多いのでご注意ください。

戦国無双の真田兄弟にやられているので、多分その話が多いです。
幸村×信之と
宗茂×信之の
小説を書いたり書かなかったり。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

兄上の浴衣!!

   

兄上のゆ――か――た―――!!!!

思ったより派手ですね??
演歌歌手みたいとか言われてましたが、それもまたよし!!
派手な着物を地味に着こなす、それが真田信之クオリティ!!!

aniueyukata-asi.png
この白い足!なんて美しい…!!

muneasi.png
宗茂のと比べてみましょう。
宗の方がやはり健康的な肌色ですねーいいわぁ…

これ、胸元とか、動かしたらもっと見えるんでしょうねェ…ハァハァハァ…
(BBA通り越して、もはやおっさんである)


それはさておき、昨日ついったでフォロワさんとお話ししてて、120円で安売り
されるセクサロイド宗茂と言う物が誕生しました。

わがままで偉そうで、燃費の悪いセクサロイド。燃料は兄上のアレです。
お約束です。
しかも一日三食。


tuuhann.png

アマ〇ンでプライム対応してますwww

可愛い弟タイプのアンドロイドが欲しいと通販した筈が、間違えてセクサロイド
宗茂を注文してしまう兄上。
着いたその日に即効食われ(性的に)て、なし崩しのまま一緒に生活する事に
なる二人。

ちゃんと食べさせないと会社まで押し掛けてくるわ、家事は何もしないわ(と言うか
出来ない)、ただただ食っちゃ寝するニートのような宗茂だが、不思議と憎めず、
いつの間にやら愛情が湧いてくる信之。
しかし。
実は宗茂の寿命は、3か月しか持たないのであった。

ある日、信之が帰ってくると部屋の中で宗茂が丸くなって、倒れ込んでいた。
慌てて駆け寄り、聞いてみると
「もうバッテリーがない。寿命だ」と笑って言う宗茂。
唐突な別れに混乱する信之。涙を流す信之を嬉しそうに見つめ、
「俺はもうすぐ消える。それまでぎゅっと抱きしめててくれないか」と言う宗茂。
信之は泣きながらぎゅっと宗茂の体を抱きかかえて、その機能が完全に停止する
まで、そのままでいた。
「俺が完全に止まってしまったら、俺の足の裏に書いてある電話番号に連絡してくれ」
そう言い残した宗茂の言葉に従い、泣きながらその電話番号に連絡する信之。

電話に出た相手は事情を聞くとすぐに、「わかった、今から引き取りに行く」と言って
電話を切ってしまう。
確かに止まったアンドロイドはもうモノでしかない、けれど…戸惑う信之。
ほどなくインターホンが鳴らされ、恐る恐る信之がドアを開けると、そこには今、
機能が停止したばかりの宗茂と瓜二つの青年が立っていた。
「俺は立花宗茂、そのアンドロイドを作った生みの親だ」

曰く、宗茂はある目的を持って、性格も嗜好も自分そっくりのアンドロイド「宗茂
ロイド」を生み出したらしい。
「あいつはすぐ、あなたに惚れたんじゃないか?」
「え、そ、そうなのでしょうか…来てすぐに、キスされましたが」
「だろうな、…俺も今、一目であなたを気に入った」
「……!!」
そうして気づけば、信之はもう一人の宗茂にキスをされていた。
信之が宗茂ロイドと初めて会った日にしたキスと、それは全く同じキス、であった。


数か月後、信之の部屋には何故か住み着き出した立花宗茂博士と復活した宗茂
ロイドとその二人に囲まれた主、信之の姿がありましたとさ。
めでたしめでたし。


拍手ありがとうございました――!!
いつもありがとうございます、とても嬉しいです。(◉///◉)

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://sarudoriru.blog21.fc2.com/tb.php/43-4585ab87
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。