S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

藤井あかし

Author:藤井あかし
藤井あかしの個人BLOGです。
BLやいわゆる腐女子系の話題が多いのでご注意ください。

戦国無双の真田兄弟にやられているので、多分その話が多いです。
幸村×信之と
宗茂×信之の
小説を書いたり書かなかったり。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

源 氏 物 語 と宗兄と。

   

昨日、TVでやってた「源 氏 物 語 千年のなんちゃら(題名忘れた)」を
見ていました。
常々私は宗茂に光源氏みを感じていたのですが、昨日の放映で東山さん
演じる、藤原道長の行動を見ていて、ますますその確信を得ました。
(この映画では藤原道長と光源氏を重ねている表現があります※実際、
藤原道長がモデルらしいです)

冒頭から紫式部をほにゃららしてしまう場面があるのですが、それが私の
大好きな朧月夜の君と光源氏の初めて会う場面をなぞっていて、そこの
台詞で
「私は(オイタをしても)大概の事が許されるのです」と言うのがあるのですが、
これがもうただちに東地さんの声で変換されてしまいまして…。
言いそうじゃないですか??こういうの?
いや、許されるかどうかはともかく、似合いそうじゃないですか??こういう台詞!


その後も、道長が式部に会いに行く場面があったのですが、夜の宮中に道長が
狐面を付けて忍び入り、式部の前に現れて
道長「そなたの胸で休ませてくれ」
式部「お酒が過ぎたようでございますね」

道長「お前の書く話に私も惹かれているのだ」
式部「…お休みなさいませ」
と言う様なやり取りがあって、これがもう私のイメージの宗兄にピッタリ過ぎて!
萌えすぎて吐くかと思いました。

源氏物語は元々好きなのですが、なんかもう予想外の所から萌えを抉りこまれて
私は幸せです。


思わず、久し振りに落書きしちゃいました。
あああ宗兄…
munesige2.png

aniue.png

後、藤壺と源氏の君の関係には幸兄みを感じております。
これはもう鉄板です。

拍手ありがとうございました!嬉しいです。
クリスマスに上げた短編ですが、所々修正して纏めてピクシブに上げております。
よかったらどうぞ。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6197704



スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://sarudoriru.blog21.fc2.com/tb.php/54-62f38721
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。